交通事故を防ぎたい

誰もが安心して暮らせる社会。
その条件は色々あると思いますが、これだけ車の数が多くなった時代、交通安全は誰もが願うことではないでしょうか。
それは普段道路を歩く人にとっても、自転車で通学している方にとっても同じこと。
そして、ハドルを握る方にとってもやはり同じ事ことが言えるのではないかと思います。
ご存知のように、日本は物凄い勢いで高齢社会へと進んでいます。
聞くとところによると既に4人に1人以上が65歳以上とのこと。
地域によっては更に高齢化が進んでいて、3人に1人近くまで高齢者の数が多くなっているところもあると聞きます。
ですから、交通安全はもはや一人一人の問題ではなく、地域全体、社会全体の問題になっていると言えるのです。

また、いつの時代もお子さんが巻き込まれてしまう悲しい事故も耳にします。
原因も色々あるのですが、車を運転している方に問題があった場合だけでなく、子供の飛び出しや間違った自転車の乗り方、道路の歩き方などが原因になっている場合もあります。
これらを防いで行く為には、各家庭でもしっかりと交通安全について教えて行く必要がありますし、大人一人一人ももちろん注意していかなけれななりません。

私達もかつて子供だった頃、つい危険な歩行をしてしまったり危険な自転車運転をしたこともあったかもしれません。
それはただ運が良かっただけで、本当はとても危険だったかもしれないのです。
ここでは、交通事故をいかにして防いで行くことができるかについて紹介します。